ホームセミナーのお知らせ > 『桧製材品での木造大規模建築物の可能性』セミナー

2011.04.07

『桧製材品での木造大規模建築物の可能性』セミナー(開催日:2011年4月20日(水))

先日から続く、東日本大震災により被災されました方々へ、心よりお見舞い申し上げます。

この度、以前より予定しておりました『桧製材品での木造大規模建築物の可能性』セミナーを、予定通り開催することに決定いたしました。各地で、度重なる余震に備えると同時に、被災からの復旧を急ぐ中での開催となりますが、是非多くの方々にご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

昨年10月、森林整備と公共建築物などの木造化を進める法律が施行されました。これを契機に、最先端の木質構造技術に注目が集まり、地域産の木材を有効利用しようとする試みが自治体に広がっております。このような時代の流れを受けて、地域材利用開発を目的とした、桧製材を活用した柱と横架材の、接合部の実験等も行っております。
今回のセミナーは、域産桧材だけでの大型木造建築物の可能性を広げることを目的とし、「桧製材品での木造大規模建築物の可能性」の題名で開催いたします。
今後の地域産製材品での可能性を一緒に探りませんか?

主催者 次世代木質建築推進協議会(NEWCA)
開催日 2011年4月20日(水)
開催時間 AM10:30〜PM12:00
会場 岡山メルパルク1階泰平
場所 〒700-0984岡山市北区桑田町1-13
開催目的 今回のセミナーは、域産桧材だけでの大型木造建築物の可能性を広げることを目的としております。
入場料 無料
後援団体 共催:潟Vェルター、潟nウジング山陽
後援:岡山建築士会 おかやま緑のネットワーク
詳細資料 詳細資料(PDF)ダウンロード

セミナーレポート

『桧製材品での木造大規模建築物の可能性』セミナー 開催いたしました

4月20日(水)、桧製材品での木造大規模建築物の可能性』セミナーを開催いたしました。

多くの方々にご来場いただき、活気あふれるセミナーとなりました。
今後も、成熟社会に対応した「環境先進都市づくり」を推進し、次世代を担う木造建築の可能性を積極的に広めてまいります。
この度は、たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

セミナーのお知らせ一覧へ戻る